浄土真宗親鸞会を考える 新・ハトの会

親鸞会教義の誤りや問題点をまとめて行きたいと思います。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本願を信ぜんには(通俗 歎異鈔法話 勧学 利井鮮妙和尚述より)

2010.01.10 (Sun)

 利井鮮妙和上の「通俗 歎異鈔法話」を通して、「本願を信ぜんには」の前後を味わせていただきたいと思います。
 先回、浄土真宗は信と行ではなく、信か疑かであると書かせていただきましたが、「捨自帰他」の教えが分かれば、「本願を信ぜんには」の部分が「信ずるには」でも「信じたならば」でも通じることがお分かりいただけるかと思います。

more »

スポンサーサイト

安心とは?「雑行雑修自力の心をふりすてて」とは?(2)

2010.01.10 (Sun)

 深川倫雄和上の「改悔批判 (平成7年)」での領解文の法話(計6席)の第四席から第六席の、「安心」の所を引用させていただきました。

 近藤さんのブログのエントリの
タノムタスケタマヘの義
たすけたまへとたのむの出処
さらにしつこく「タノム」について
マカセヨ助ける
「機法一体」と「たすけたまへとたのみ」と「二河白道」との関係
の加茂仰順師、稲城選恵師の文、近藤さんの解説と併せてお読みいただきますと、「安心」が見えてくるのではないかと思います。

more »

安心とは?「雑行雑修自力の心をふりすてて」とは?(1)

2010.01.10 (Sun)

 深川倫雄和上の「改悔批判 (平成7年)」での領解文の法話(計6席)の第一席から第三席の、「安心」の所を引用させていただきました。

 近藤さんのブログのエントリの
タノムタスケタマヘの義
たすけたまへとたのむの出処
さらにしつこく「タノム」について
マカセヨ助ける
「機法一体」と「たすけたまへとたのみ」と「二河白道」との関係
の加茂仰順師、稲城選恵師の文、近藤さんの解説と併せてお読みいただきますと、「安心」が見えてくるのではないかと思います。

more »

「歎異抄をひらく」を読んで(4) 視点の違いは思想の違い

2010.01.08 (Fri)

「念仏称えて死んだら極楽」googleで検索してみました
 Yahoo!でも検索してみました
 MSNではどうでしょう?

more »

「歎異抄をひらく」を読んで(3) 2つの異議が混在する?

2010.01.08 (Fri)

 先ほど、一念義系と多念義系について少し述べましたが、梯和上の「聖典セミナー 歎異抄」によると一念義の系列から造悪無碍の異議が生じたということだそうです。
 そういえば、S会は造悪無碍と専修賢善のようなものの、ダブルスタンダードではないかとの意見もあるようです。
 会長及びその一族や確信犯で活動している一部の幹部講師は、造悪無碍ではないかな、とも感じます。実際に信心があるかどうかは分かりませんが(汗)
 また、支部長の皆さんや一般の会員さん相手には、念仏抜きの専修賢善のようなものが説かれているようです。

 ただ、実際行われている「善の勧め」が
間違った活動
浄財が不浄財になっている
のようなありさまですから、専修賢善とはとてもいえないと思います。
 しかも、「自己否定は、大慈悲に目が向かなくなります(bottom_lineさんのコメント)」の質問をされた方のように、精神を病む人まで出ています。

 これでは、善の勧めどころか反社会的な団体の烙印を押されてもおかしくないですし、果たして浄土真宗と名乗っていいのかと疑問に思います。

 | HOME |  »

プロフィール

カウフマン

Author:カウフマン
かつて浄土真宗親鸞会の学生部、青年部、支部にて幹部として活動しておりました。現役時代から会の教義について疑問を抱きつつ活動しておりましたが、最終的には「浄土真宗親鸞会の教義は浄土真宗ではない」と袂を分かちました。退会後、元会員の方々のブログでお世話になり、法に接していくにつれ、次第にそのMCも晴れ、今日までのS会での悪疑を恥づるに余念がありません。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。

連絡は
adolf_kauffman0521@livedoor.com
まで!

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。