浄土真宗親鸞会を考える 新・ハトの会

親鸞会教義の誤りや問題点をまとめて行きたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに(再掲)

2009.09.09 (Wed)

 日付の件でブログナビの方に迷惑がかかりそうなので該当記事を一度削除して再アップします。

 かつて浄土真宗親鸞会にて幹部をしておりましたカウフマンと申します。最近、親鸞会の教義に疑問を抱き、退会致しました。
 このブログ開設にあたり、仏祖及び多くの皆様に謝罪させて頂きたいと思います。
 私は長きに渡り、会の方針だからという理由で嘘をついての勧誘を行い、間違った教えを弘め、反論された方を傷つけ、周囲に迷惑をかけてきました。

 本当に申し訳ありませんでした。

 これからは、「法門無尽誓願学」の四弘誓願のごとく、様々な情報を元に親鸞聖人の教えについて理解し過去の過ちを懺悔して行きたいと思っております。

 このブログでは、親鸞会時代に疑問に思った親鸞会のドグマとしかいえないであろう

1.後生の一大事
2.無条件絶対服従
3.諸行往生

や高森氏の信心及びパクリ問題について防備録のような形でいろいろまとめ、考えて行きたいと思います。

P.S. ハトの会の因縁話について。僕は親鸞会に法論と称する変な喧嘩が多いので平和の象徴たるハトを用いて「親鸞会さんよ平和に物事を進めてくれや」という思いでこの名称にしました。そういえば10年前に親鸞会によって潰された「ハトの会」という親鸞会検証サイトがありました。このサイトで信心が崩れましたから。そこの管理者であるdecultさんの無念を晴らすためというのもあるかもしれません。
 ちなみに、「鳩の飼い(はとのかい)」という言葉も兼ねているか否かは御想像におまかせします。 

鳩の飼い(はとのかい):口先で人を誑(たぶら)かして世渡りをする人。詐欺師や如何様(いかさま)師などにいう。 ★元、山伏や占者のような恰好をして家々を回り、熊野の新宮・本宮の事を語っては、鳩の飼料と称して金を騙し取ったところからと言う<国語大辞典(小)>
スポンサーサイト

 | HOME |  »

プロフィール

カウフマン

Author:カウフマン
かつて浄土真宗親鸞会の学生部、青年部、支部にて幹部として活動しておりました。現役時代から会の教義について疑問を抱きつつ活動しておりましたが、最終的には「浄土真宗親鸞会の教義は浄土真宗ではない」と袂を分かちました。退会後、元会員の方々のブログでお世話になり、法に接していくにつれ、次第にそのMCも晴れ、今日までのS会での悪疑を恥づるに余念がありません。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。

連絡は
adolf_kauffman0521@livedoor.com
まで!

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。