浄土真宗親鸞会を考える 新・ハトの会

親鸞会教義の誤りや問題点をまとめて行きたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信楽房事件について考える(7)自然の理

2009.09.14 (Mon)

自然の理にあひかなはば、仏恩をも知り、また師の恩をも知るべきなり」、と云々(歎異抄第6章)

 本願のはたらきにかなうなら、おのずから仏のご恩もわかり、また師の恩もわかるはずです。
 このように聖人は仰せになりました。
<浄土真宗教学研究所浄土真宗聖典編纂委員会 編 歎異抄(現代語版)より>


 歎異抄の解説のラストになりました。
 この後は番外編として解説書について突っ込んだ後、「まとめ」をしたいと思います。
 法文の義理で親鸞聖人と対立し、常陸へと去る信楽房の仏縁を念じながら、聖人は、
「本願のはたらきにかなうなら、おのずから仏のご恩もわかり、また師の恩もわかるはずです」
と仰せになられました。

 ここで、親鸞聖人は、

「私の所に帰ってきたなら」
「私の教えに従ったなら」


と仰せではありません。

「本願のはたらきにかなうなら」とは言われましたが、「俺の言うことを聞け!」と言われるような方ではなかったのです。「親鸞は弟子一人ももたず」の御心からもこれは明らかです。

 そして、これまでの文脈から読みますと、「師の恩もわかるはずです」と言われたのは法然上人のことでありましょう。

 歎異抄の6章はこのように終わっていますが、この後、信楽房はどうなったのでしょうか?
 覚如上人が父覚恵法師と共に関東に行かれたとき(1290)、信楽房と会われ、信楽房は自分の非を悔い帰参を許されたとあります。信楽房が亡くなる一年前のことです。
 ちなみに、この件に関しては、アニメ「世界の光・親鸞聖人」の解説書に書かれ、一度は配られたわけですが、会長の「深い御心」により削除されました。

※最後の一文の「深い御心」の前の部分ですが、誤りがありましたので修正いたしました。深くお詫びいたします。

(誤)アニメ「世界の光・親鸞聖人」の解説書に書かれる予定だったようですが
(正)アニメ「世界の光・親鸞聖人」の解説書に書かれ、一度は配られたわけですが、
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

カウフマン

Author:カウフマン
かつて浄土真宗親鸞会の学生部、青年部、支部にて幹部として活動しておりました。現役時代から会の教義について疑問を抱きつつ活動しておりましたが、最終的には「浄土真宗親鸞会の教義は浄土真宗ではない」と袂を分かちました。退会後、元会員の方々のブログでお世話になり、法に接していくにつれ、次第にそのMCも晴れ、今日までのS会での悪疑を恥づるに余念がありません。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。

連絡は
adolf_kauffman0521@livedoor.com
まで!

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。