浄土真宗親鸞会を考える 新・ハトの会

親鸞会教義の誤りや問題点をまとめて行きたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「親鸞会教義の誤り」が更新されました

2009.10.06 (Tue)

 親鸞会教義の誤りが更新されました。
一切衆生は必堕無間なのか10

 今回は、以下についての批判です。

釈尊に或る時、ある弟子が「釈尊は一切智人、みなことごとく知りわきまえていられる。世尊には何事でも御苦労に思召すことはないでしょう」と尋ねた。すると釈尊は「我身には他に苦労はなけれども、只一つ苦労にせねばならぬことがある。それは時々刻々にちぢまる生命、近ずく火車来現の迎えを受けねばならぬ身を持ちながら、如何ように教えても、今死ぬということを思うものがないのが、この釈迦の苦しみじゃ」といわれたそうだが、(会報 第1集)


 これもある所からのパクリだったんですね…
スポンサーサイト

 | HOME |  »

プロフィール

カウフマン

Author:カウフマン
かつて浄土真宗親鸞会の学生部、青年部、支部にて幹部として活動しておりました。現役時代から会の教義について疑問を抱きつつ活動しておりましたが、最終的には「浄土真宗親鸞会の教義は浄土真宗ではない」と袂を分かちました。退会後、元会員の方々のブログでお世話になり、法に接していくにつれ、次第にそのMCも晴れ、今日までのS会での悪疑を恥づるに余念がありません。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。

連絡は
adolf_kauffman0521@livedoor.com
まで!

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。