浄土真宗親鸞会を考える 新・ハトの会

親鸞会教義の誤りや問題点をまとめて行きたいと思います。

  • « 
  • 1 
  • 6 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆さん、今年1年、本当に有難うございました

2009.12.31 (Thu)

「幽霊の 正体見たり 枯れ尾花」

 不敗を誇ったw親鸞会教学の正体は、断章とすり替えであったと知り、ようやく悪夢から目覚めることができ、感謝しております。
 外堀が埋まり、内堀も埋まり、親鸞会はこれから迷走の一途をたどることでありましょう。

 現役会員の皆様、会長の語を追わずに、三部経、七祖の御釈、御本典、御文章の義をよくよく知って、体験してみて下さい。実は会長はハトの飼いだったことが分かりますから。
 それからどういう行動をとるかは皆様の判断に任せます。

 組織が救うのではありません。知識が救うのでもありません。

 我々を迷いから救って下さるのは阿弥陀さまだけです。

 共に親鸞聖人の教えを聞く御同朋・御同行となられる日を待っております。

合掌
スポンサーサイト

 | HOME |  »

プロフィール

カウフマン

Author:カウフマン
かつて浄土真宗親鸞会の学生部、青年部、支部にて幹部として活動しておりました。現役時代から会の教義について疑問を抱きつつ活動しておりましたが、最終的には「浄土真宗親鸞会の教義は浄土真宗ではない」と袂を分かちました。退会後、元会員の方々のブログでお世話になり、法に接していくにつれ、次第にそのMCも晴れ、今日までのS会での悪疑を恥づるに余念がありません。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。

連絡は
adolf_kauffman0521@livedoor.com
まで!

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。