浄土真宗親鸞会を考える 新・ハトの会

親鸞会教義の誤りや問題点をまとめて行きたいと思います。

  • « 
  • 1 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かくて法蓮房信空上人は粛清されました

2010.02.01 (Mon)

 【特集】テレビ座談会の反響(6) 親鸞会.NETに、

蓮生房は、源氏の一方の旗頭であった豪傑でしたが、信後、一体何をしていたのでしょうか。
信空も、全く記録がありません。


という記事が流れました。

 法蓮房信空上人の件に関しては、近藤さんのブログの記事に詳細が記されておりますが、「拾遺古徳伝」にも記述があります。
「拾遺古徳伝絵詞」の第9巻4段と6段に、法然聖人がお亡くなりになられた後、法然聖人の墓荒らしの狼藉に対して、法蓮房信空上人が動かれ、法然聖人のご遺体を荼毘に付されたことが書かれております。

 都合の悪い人間を歴史から消すのは親鸞会の得意技でありますが、こうやってネットに残してしまうとは……開いた口がふさがりません。
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

カウフマン

Author:カウフマン
かつて浄土真宗親鸞会の学生部、青年部、支部にて幹部として活動しておりました。現役時代から会の教義について疑問を抱きつつ活動しておりましたが、最終的には「浄土真宗親鸞会の教義は浄土真宗ではない」と袂を分かちました。退会後、元会員の方々のブログでお世話になり、法に接していくにつれ、次第にそのMCも晴れ、今日までのS会での悪疑を恥づるに余念がありません。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。

連絡は
adolf_kauffman0521@livedoor.com
まで!

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。