浄土真宗親鸞会を考える 新・ハトの会

親鸞会教義の誤りや問題点をまとめて行きたいと思います。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安心論題綱要(25論題)と聖典セミナーを読んで

2009.09.13 (Sun)

 残暑が厳しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
 これから読書の秋となりますね。
 さて、苦笑の独り言の中で紹介されていた「安心論題綱要」坊さんの小箱で知りまして早速プリントアウトして熟読してみました。

 いやぁ~実にピタリときますわぁ!!

 っていうか親鸞会が文章切りまくってツギハギ教義を説いていたのが実によく分かります。
「聞信義相」をお題にして最近の論説について突っ込んでおこうかな、と思いました。

 それと近藤さんが紹介していた梯實圓師の聖典セミナーの「教行信証」を一読してみますと

「ああ、こうだったのか!」

と知らされることが多いです。
 なぜに親鸞会が親鸞会以外の本を「見るな!読むな!」と言い、担当講師が没収していた(そんなこともあったらしい)のか分かりました。

 間違いや断章取義がバレるからなのでしょうね。

「誤りを犯さないことを誇りとするよりも、誤りを直ちに改めることを誇りとしよう」
と毎月30日に勤行の後に一日一訓を読んでいるそうですが、この団体には果たして自浄能力があるのでしょうか?甚だ疑問に感じます。
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

梯和上の本はいいですよね…(´Д`)
安心論題を学んだり梯さんの本を読むと、S会で学んでた事や聞いてた事がチャチだったなぁと思えますね。

>Rudelさん

 梯先生の著書は、変な癖が少ないのでMCから解放された後に読んでみるとスッと入ってきますね。
 まあ、あの会に関しては、ツギハギ教義ではありましたがお育てを頂いたと思っています。授業料が高過ぎたので人に勧めはしませんが(爆)

なるほど…確かにお育てを頂いたと申しますか、あの会に入ったのも間違いなく如来の御方便だと、今にして思えます。
ああいう形でなければ、絶対に仏教を聞きだすような私ではありませんでしたから。
*笑*

>Rudelさん

 僕は若い時に聞き始めることができて良かったと思っています。ただ、正しい教えでないことに気がつくまで時間と金銭費やしましたけどw
 まあ、遊びたかったという本音も多々ありますがw

No title

私はあほで仏語漢字がいっぱいあるだけで頭がクラクラしてしまうのですが
そこの「分かりやすい宗義問答」
は分かりやすいし最初に読む気になったんですが最初のほうはS会で陥りやすい誤りについて書かれている感じでまだざっとしか読んでませんがそのとおりではないかと。もうずいぶん前から言われてたのかと己の無知を恥じた次第です。ただ、まだS会信心(というかT会長信心)の人は読んでも全く入っていかないでしょうね。私もいろいろ勉強中ですが本当に面白いですね。

二種深信

>名無しさん

 コメント有難うございます。本日K会の法座に行く途中、「わかりやすい宗義問答」のプリントアウトしたのにかじりついていました。

「親鸞聖人も比叡山で二十年間、血みどろになって求めぬかれ、三願転入してやっと他力の信に到達せられたのですから、わたくしたちもやはり祖師の歩まれたように~」

「『地獄一定』とわが身を見限ってこそ、はじめてそこに『かかる者が弥陀にたすけられる』という法の喜びが与えられるものと思います」

の所はまさに自分の勘違いであったと分かりました。

 特に「地獄一定~」のくだりの部分が心に響きましたね。
 某会だったら「分かっとらん」でおしまいでしょうね。そして地獄秘事もどきに陥るのでしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

カウフマン

Author:カウフマン
かつて浄土真宗親鸞会の学生部、青年部、支部にて幹部として活動しておりました。現役時代から会の教義について疑問を抱きつつ活動しておりましたが、最終的には「浄土真宗親鸞会の教義は浄土真宗ではない」と袂を分かちました。退会後、元会員の方々のブログでお世話になり、法に接していくにつれ、次第にそのMCも晴れ、今日までのS会での悪疑を恥づるに余念がありません。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。

連絡は
adolf_kauffman0521@livedoor.com
まで!

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。