浄土真宗親鸞会を考える 新・ハトの会

親鸞会教義の誤りや問題点をまとめて行きたいと思います。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信楽房事件について考える(7)自然の理

2009.09.14 (Mon)

自然の理にあひかなはば、仏恩をも知り、また師の恩をも知るべきなり」、と云々(歎異抄第6章)

 本願のはたらきにかなうなら、おのずから仏のご恩もわかり、また師の恩もわかるはずです。
 このように聖人は仰せになりました。
<浄土真宗教学研究所浄土真宗聖典編纂委員会 編 歎異抄(現代語版)より>


 歎異抄の解説のラストになりました。
 この後は番外編として解説書について突っ込んだ後、「まとめ」をしたいと思います。
 法文の義理で親鸞聖人と対立し、常陸へと去る信楽房の仏縁を念じながら、聖人は、
「本願のはたらきにかなうなら、おのずから仏のご恩もわかり、また師の恩もわかるはずです」
と仰せになられました。

 ここで、親鸞聖人は、

「私の所に帰ってきたなら」
「私の教えに従ったなら」


と仰せではありません。

「本願のはたらきにかなうなら」とは言われましたが、「俺の言うことを聞け!」と言われるような方ではなかったのです。「親鸞は弟子一人ももたず」の御心からもこれは明らかです。

 そして、これまでの文脈から読みますと、「師の恩もわかるはずです」と言われたのは法然上人のことでありましょう。

 歎異抄の6章はこのように終わっていますが、この後、信楽房はどうなったのでしょうか?
 覚如上人が父覚恵法師と共に関東に行かれたとき(1290)、信楽房と会われ、信楽房は自分の非を悔い帰参を許されたとあります。信楽房が亡くなる一年前のことです。
 ちなみに、この件に関しては、アニメ「世界の光・親鸞聖人」の解説書に書かれ、一度は配られたわけですが、会長の「深い御心」により削除されました。

※最後の一文の「深い御心」の前の部分ですが、誤りがありましたので修正いたしました。深くお詫びいたします。

(誤)アニメ「世界の光・親鸞聖人」の解説書に書かれる予定だったようですが
(正)アニメ「世界の光・親鸞聖人」の解説書に書かれ、一度は配られたわけですが、
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

信楽房が許された件に関して、完結編の初版の解説書には載っていたと思います。
それを、会長が信楽房がしたことは許されるような罪でないと言って削除したと、かつて学友部で聞いた記憶があります。

ご指摘有難うございます

>名無しさん

 ご指摘有難うございます。恐らく記憶違いがあったと思います。弘宣部に一度確認してみようかと思いますが無視でしょう(爆)
 まあ、会長が覚如上人が許された信楽房を許さなかったということは、覚如上人よりエラかったということなのでしょう(笑)
 深い御心と銘打った不快な御心は理解できませんし、盲信できません。直接的な暴力を伴わない言葉の暴力は始末が悪いです。

No title

初版の解説書には掲載されていました。アニメ完結編の御報謝をした人で、最初にアニメと解説書をうけとった会員は、みんな読んでいると思います。それが、しばらくして、会長の「深い御心w」により、削除されたという訳です。

そういう深い(不快)御心だったかぁ

>名無しさん

 有難うございます。深い御心wに不快な思いがしたので脳ミソから削除していました。弘宣課も出版課も大変だったなと思います。
 つまりは刷り直しで予算赤字ですからね。

「王舎城の悲劇」の解説書でもアジャセのその後が削られたらしいですが、「聖教より軍律重し」な親鸞会の体質は、あの会長がいる限り、死んでも直らないようですね。

親鸞聖人を否定した会長

>信楽房が許された件に関して、完結編の初版の解説書には
>載っていたと思います。
>それを、会長が信楽房がしたことは許されるような罪でないと言って
>削除したと、かつて学友部で聞いた記憶があります。

↑これが本当なら、会長は親鸞聖人のなされた事に対して異論を唱えていることになりますね。

信楽房が親鸞聖人から「許されている」にもかかわらず、
会長は「許される事ではない」と言い、親鸞聖人のなさった事を真っ向から否定しているのですから。

善知識のなさったようにさせて頂きましょうと言っている会長がこの有様とは、
情けない事ですね。

>はに丸さん

 信楽房が赦されたのは親鸞聖人がお亡くなりになられた後、覚如上人の時代ですが、親鸞会では覚如上人も善知識として扱っているだけにおかしいですね。

 まあ、親鸞会は諸行往生、知識帰命、施物だのみ、地獄秘事、一益法門等異安心の総合商社ですからw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

カウフマン

Author:カウフマン
かつて浄土真宗親鸞会の学生部、青年部、支部にて幹部として活動しておりました。現役時代から会の教義について疑問を抱きつつ活動しておりましたが、最終的には「浄土真宗親鸞会の教義は浄土真宗ではない」と袂を分かちました。退会後、元会員の方々のブログでお世話になり、法に接していくにつれ、次第にそのMCも晴れ、今日までのS会での悪疑を恥づるに余念がありません。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。

連絡は
adolf_kauffman0521@livedoor.com
まで!

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。