浄土真宗親鸞会を考える 新・ハトの会

親鸞会教義の誤りや問題点をまとめて行きたいと思います。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿弥陀仏の本願を聞信するとはいかなることか?(2)

2009.09.23 (Wed)

 先回の続きです。親鸞会の「現代に生きる仏説」にある「聞法の決勝点」について以下のような指摘がありました

細かいことはいいとしまして、この文章には大変な間違いがあります。
それは、
「仏願の生起」を本から末まで聞いて、疑いの全く無くなった時が決勝点との確言だ。
です。

後の文章で、
本願のお目当てを「生起」という。
とありますので、これをあてはめますと、
「本願のお目当て」を本から末まで聞いて、疑いの全く無くなった時が決勝点との確言だ。
となります。
これでは「法」が全く抜けてしまっています。
本来、この親鸞聖人のお言葉は、本願成就文(第18願成就文)の「聞其名号」の説明であり、「聞とは、南無阿弥陀仏のいわれを聞く」ということなのに、いつの間にか「自分の相を聞く」とすり替わっているのです。

もし、多くの人がこのように理解しているのならば、どれだけきいても聞信するということはありません。

仏願の生起・本末を聞きて疑心有ること無し

仏願の「生起」と、仏願の「本」「末」を聞いて全く疑心が無くなった
ということです。
「生起」と「本末」と「疑心有ることなし」の簡単な意味は以下の通りです。
「仏願の生起」-機ー罪悪生死の凡夫であり、出離の縁有ることない私
「仏願の本末」-法ー法蔵菩薩の五兆の願行と、それによって成就した名号のお力
「疑心有ることなし」-無疑の一心ー信楽ー信心

大事なところです。

21世紀の浄土真宗を考える会 「現代に生きる仏説」を読んで
http://kondoutomofumi.blog121.fc2.com/blog-entry-91.html



「仏願の生起・本末を聞きて」とは、「仏願の生起」と「仏願の本末」を聞きてという意味です。

「仏願の生起」を本から末にかけて聞くということではありません。

上記のお言葉を簡単に解釈します、以下のようになります。

「阿弥陀仏が自分の力で生死を離れることができないものを救うために本願を建てられ、五劫思惟の願と、兆載永劫の行によって南無阿弥陀仏の名号を完成なされた。その名号を阿弥陀仏から受け取る一つで、疑心有ること無しの真実信心を獲得したことを、「聞」というのだ」

「聞其名号」の「聞」についての説明ですから、仏法を聞くと言うことは何を聞くのかということについての親鸞聖人の解説です。

コメントの文面では、「仏法を聞く=私の姿を聞く」ということになります。どれだけ私の姿を聞かされても、それで救われるのではありません。

仮に自分の姿が知らされて救われるというのならば、自分にもともと往生できるものがあるということになります。

自分の姿に疑心有ることなしとなるのが信心ならば、二種深信とはいえません。(二種深信とは、機の深信、法の深信のこと)

あくまでも法を聞くのが聴聞です。南無阿弥陀仏の法を聞くのが聴聞です。

安心問答 聴聞とは、法を聞くことです(全くわからないんですがさんのコメント)
http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20090826/1251287790


 つまり、
阿弥陀仏の本願を聞く=自分の姿を聞く
とだけ解釈して、会員に徹底していたということなのです。

 これらの突込みを受けて、親鸞会はこのように内容を書き改めました。

「仏願の生起」を本から末まで聞いて、疑いの全く無くなった時が決勝点との確言だ。

 ↓

「仏願の生起・本末」を聞いて、疑いの全く無くなった時が決勝点との確言だ。



 ネット上のことならすぐに削除、修正すれば誤魔化すことは出来ますが、これは顕正新聞で活字になっていますからね。後々説明が大変だったと思いますし、多分スルーしているのかな?というようにも思えます。

 では、いかなることをいかなるように聞くのを「聞」というのか、これを次回、確認しましょう。
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

カウフマン

Author:カウフマン
かつて浄土真宗親鸞会の学生部、青年部、支部にて幹部として活動しておりました。現役時代から会の教義について疑問を抱きつつ活動しておりましたが、最終的には「浄土真宗親鸞会の教義は浄土真宗ではない」と袂を分かちました。退会後、元会員の方々のブログでお世話になり、法に接していくにつれ、次第にそのMCも晴れ、今日までのS会での悪疑を恥づるに余念がありません。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。

連絡は
adolf_kauffman0521@livedoor.com
まで!

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。