浄土真宗親鸞会を考える 新・ハトの会

親鸞会教義の誤りや問題点をまとめて行きたいと思います。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ある特専部員の除名の真相」を読んで

2009.10.02 (Fri)

 教義に関する不審を会長に問い質した特専部の方が除名になりました。粛清にいたる過程を「さよなら親鸞会」にて読ませていただきましたが、会長には一片の慈悲も、そして「信心決定あれかし」の思いもないようです。

投稿:ある特専部員の除名の真相(前編)
http://sayonara1929.txt-nifty.com/blog/2009/09/post-8e16.html

投稿:ある特専部員の除名の真相(後編)
http://sayonara1929.txt-nifty.com/blog/2009/09/post-a65a.html

一 仰せに、身をすてておのおのと同座するをば、聖人(親鸞)の仰せにも、四海の信心の人はみな兄弟と仰せられたれば、われもその御ことばのごとくなり。また同座をもしてあらば、不審なることをも問へかし、信をよくとれかしとねがふばかりなりと仰せられ候ふなり(蓮如上人後一代記聞書)


 会長が尊敬する蓮如上人は「不審なることをも問へかし、信をよくとれかし」と門徒の方と同座して、仏法を語り合われました。会長は教えについて問うた人を粛清したわけですが、尊敬する蓮如上人と正反対な言動をしたのが分かります。

 これで親鸞学徒と言えるのでしょうか?

 また、蓮如上人はこのようにも仰せです。

「もとより我が安心の趣いまだ決定せしむる分もなきあいだ、その不審をいたすべき所に、心中を包みて有りのままに語らざる類あるべし。これを責め相尋ぬる所に、有りのまま心中を語らずして、当場を言い抜けんする人のみなり。勿体なき次第なり。心中をのこさず語りて、真実信心に基くべきものなり」(御文章4帖目8通)

現代語訳:いまだ信心決定していない人が、それについて不審を問うていかねばならないのに、心の中を隠してありのままに語らない人がおります。これに対し、別の人が尋ねても、思ったまんまのことを言わずに、その場を言いぬけようとする人ばかりです。もったいないことです。心中を残さず言葉に出してしまって、真実信心を頂く身になりなさいよ。


 蓮如上人は、信心の沙汰をする場所で発言するように促されましたし、心の奥底にある思いをさらけ出して、真実信心を頂くようお勧めになられましたが、現在の親鸞会ではこのように指導されています。

<禁止事項>
【後ろ向きな発言・顔(表情)・姿勢・文章】

【発言】
※自分だけでなく、周囲の人のやる気を削ぐような発言はしない。
1)できません。
2)無理です。
3)わたしのような者はダメです。
4)感謝の心がでてきません。
5)こんなやり方にはついてゆけません。
6)そんなことを言われても困ります。
7)少しも悪いと思えません。
8)辛いです。苦しいです。

【顔(表情)】
※額にシワをよせた表情はしない。
1)泣くと、その涙でなお悲しくなる。
 ※『ベッピンも 笑顔忘れりゃ 五割引き』

【姿勢】
※腰を押されるようにして、堂々と歩く。

【文章】
※後ろ向き発言と同じ文章は書かない。


 平成の初期に、顕正新聞の「随行録」で「後ろ向きな発言は、自損損他である」とあって以降、親鸞会では「後ろ向きな発言をするな!」とやかましく言われ、ただでさえ無条件服従をやかましくいう教団内で、発言にも統制がかかってきました。

 確かに、「信心の沙汰する場所」としてハコモノが次々と建っているという大本営発表は聞きますが、その場所で信心の沙汰はなされているのでしょうか?講師部や会員の間で自力他力の水際を問う会合はありましたか?
 信疑の水際の沙汰や、信仰の喜びの声を、私は親鸞会の会合の中で10数年聞いたことがありませんでした。聴聞ノートをつけて、どのように会長が話したかをグダグダと議論し、そして、参詣、活動、財施の苦労話をするばかり。
 不審を問おうにも、「後ろ向き発言」と言われるのが恐くて問いを発することが出来ません。
そして、思考停止の状態で
「19願の御心に叶うように活動頑張りまーす、宿善求めまーす」
と自分を誤魔化してばかりでした。

 教えの面で間違っている面があったとはいえ、昔の座談会では、このような質問もありました。

問 最近、何もやる気がなく、何をする気力も出てきません(親鸞会館座談会)
答 そういうものを阿弥陀仏はねらっておられるのです。生命かけになって助けようとしておられる阿弥陀仏のみ心になんとか叶うようになりたいと求めさせて頂くのです。
 あなたが正客です。(「顕真」昭和60年11月号)

 これは、会長が本部(富山県高岡市)で行なった座談会の記録ですが、随分現在の親鸞会の教えと違います。「善知識に無条件服従」の狂った教えがその後の親鸞会をおかしくし、もはや修正の効かぬ状態になりました。情けないことです。

 諸行は無常です。宿善求められなくなる日が来るのですよ。今晩出て行く覚悟はいいのですか?自分を誤魔化し、粛清を恐れ、会長や幹部たちにゴマをすっていて助かるのですか?一刻も早く、己の姿に目覚めてほしいものです。
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

No title

なんか、名文ですね

No title

>名無しさん

 コメント有難うございます。
 迷文だらけですが、名文に近づけるよう精進したいものです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

カウフマン

Author:カウフマン
かつて浄土真宗親鸞会の学生部、青年部、支部にて幹部として活動しておりました。現役時代から会の教義について疑問を抱きつつ活動しておりましたが、最終的には「浄土真宗親鸞会の教義は浄土真宗ではない」と袂を分かちました。退会後、元会員の方々のブログでお世話になり、法に接していくにつれ、次第にそのMCも晴れ、今日までのS会での悪疑を恥づるに余念がありません。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。

連絡は
adolf_kauffman0521@livedoor.com
まで!

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。