浄土真宗親鸞会を考える 新・ハトの会

親鸞会教義の誤りや問題点をまとめて行きたいと思います。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高森会長ってどんな人?

2009.10.05 (Mon)

「全世界唯一の名匠」
「唯一無二の善知識」
「大哲学者・大文学者」
 
 これは誰を形容した言葉でしょうか?
 そう、親鸞会の会長である高森氏を賞賛した、会員の声なのです。親鸞会の出版物の中で、常に高森氏への賛美の声は絶えません。

 では、会長の高森氏は、実際はどのような人間なのでしょうか、下記のリンクにあるような意見もあります。しかも、高森氏の近くで活動していた方に、下記のようなことを思っておられる方も、中にはいるのです。焦らずに、もう一度考え直してみませんか?
 高森氏を人生の師と仰ぎ、バリバリに活動している人は、読んでも怒りの心を起こすだけかもしれませんが、一度冷静になって、我が身を振り返ってみることも、この人生には必要です。

☆高森顕徹氏と親鸞会の問題

☆「捏造」と捏造された不倫事件の真実

☆さよなら親鸞会

高森顕徹会長の人格
高森顕徹会長の人格(2)
投稿:高森顕徹会長の人格(3)
投稿:高森会長に人間の心はあるのか
投稿:ある特専部員の除名の真相(前編)
投稿:ある特専部員の除名の真相(後編)

☆私の白道

☆21世紀の浄土真宗を考える会

本当にあったやばい話
アンビリーバボツ

☆清森問答
投稿

 組織があなたを救うのでもなければ、知識があなたを救うのでもありません。
 現当二世にわたって、無条件であなたを助けて下さる方は、阿弥陀仏ただ一仏です。
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

カウフマン

Author:カウフマン
かつて浄土真宗親鸞会の学生部、青年部、支部にて幹部として活動しておりました。現役時代から会の教義について疑問を抱きつつ活動しておりましたが、最終的には「浄土真宗親鸞会の教義は浄土真宗ではない」と袂を分かちました。退会後、元会員の方々のブログでお世話になり、法に接していくにつれ、次第にそのMCも晴れ、今日までのS会での悪疑を恥づるに余念がありません。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。

連絡は
adolf_kauffman0521@livedoor.com
まで!

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。