浄土真宗親鸞会を考える 新・ハトの会

親鸞会教義の誤りや問題点をまとめて行きたいと思います。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「行者正受金剛心」のトンデモ解釈(その2-2)

2009.10.15 (Thu)

 先回のエントリで「 これが果たして、浄土真宗といえるのでしょうか??(続く)」と書いて続きを書いていなかった間に様々なエントリが他のブログで展開していたので紹介していきましょう。私が言いたかったことを、詳しく、分かりやすく書かれてありますので非常に勉強になりました。
 私なんぞはまだまだ勉強不足です。

さよなら親鸞会
投稿:方向を間違った教え
・ここ2、3年間では、
「善をしなければ信仰は進みませんよ」
「信仰が進まなければ救われませんよ」
と説かれております。
 そして、2009年6月の降誕会で会長が「修善(親鸞聖人の場合は比叡山での20年間のご修行)をしたから、悪しかできない自分が知らされ、極悪人と見抜かれた願に相応して、救われたのだ」という珍説を説いた件について書かれております。私はその1週間後に「私の白道」等を読んで退会にこぎつけたわけですが、行かなくてよかったです。

21世紀の浄土真宗を考える会
観無量寿経のこころ その1 定善
観無量寿経のこころ その2 散善
不可解な言葉に関する考察 その1「善をしなければ 信仰は進みませんよ」
不可解な言葉に関する考察 その1「善をしなければ 信仰は進みませんよ」②
顕正新聞を読んで

・親鸞会では、「韋提希夫人が釈尊に無条件服従で定善を行い、助かった」と勘違いし、
「『行者正受金剛心』とあるだろう!無条件服従で金集め、人集めを行なうと韋提希夫人みたいに助かるのだ」
と教えているようですが、もう一度、「観無量寿経」を拝読されることをお勧めします。現代語訳もお読みになられた方がいいかと思います。

清森問答
質疑応答179
質疑応答180
質疑応答181

・親鸞会で勧められているのは有漏善であるという所をよく読んでいただきたいと思います。「善が出来ない自分だと知らされるために善をする」と言いながら、会員さんの目の前に、真実開顕賞や恩徳報謝賞をぶら下げ、煩悩をかきたてるやり方は、実に酷いですね。

 現在「安心問答」の「善をしなければ信仰は進まない」ってどう思いますか?コメントが募集されております。
 思うところあればどうぞコメントお願いします。
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

カウフマン

Author:カウフマン
かつて浄土真宗親鸞会の学生部、青年部、支部にて幹部として活動しておりました。現役時代から会の教義について疑問を抱きつつ活動しておりましたが、最終的には「浄土真宗親鸞会の教義は浄土真宗ではない」と袂を分かちました。退会後、元会員の方々のブログでお世話になり、法に接していくにつれ、次第にそのMCも晴れ、今日までのS会での悪疑を恥づるに余念がありません。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。

連絡は
adolf_kauffman0521@livedoor.com
まで!

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。