浄土真宗親鸞会を考える 新・ハトの会

親鸞会教義の誤りや問題点をまとめて行きたいと思います。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安心とは?「雑行雑修自力の心をふりすてて」とは?(1)

2010.01.10 (Sun)

 深川倫雄和上の「改悔批判 (平成7年)」での領解文の法話(計6席)の第一席から第三席の、「安心」の所を引用させていただきました。

 近藤さんのブログのエントリの
タノムタスケタマヘの義
たすけたまへとたのむの出処
さらにしつこく「タノム」について
マカセヨ助ける
「機法一体」と「たすけたまへとたのみ」と「二河白道」との関係
の加茂仰順師、稲城選恵師の文、近藤さんの解説と併せてお読みいただきますと、「安心」が見えてくるのではないかと思います。
第一席(一月九日)
 初めに安心の段に「諸々の雑行・雑修」ということは、称名以外の雑多な諸善をつとめながら、これを自分の善根として仏に回向しようとする事であります。自力諸行をして、その功を仏さまに回向しようとする心が自力の心であります。

 これに対して他力信心の人の行業を正行・専修と申します。「自力の心をふり捨てて」とは、自分の思うこころ考える智恵は全く煩悩の中にあるものであって、価値のないもの、雑毒のものとして全く用いてはならないということであります。凡夫の考えることは総て用いないで、只々釈迦・弥陀二尊の仏語を信受いたします。

 弥陀如来の本願の仰せは、自己を全く用いずして「ただ弥陀の名号を信受せよ、如来の必ず救うというお計らいに任せよ」というものであります。如来の仰せに従って、己の総てを如来に任せることであります。これを「後生たすけたまえとたのみ申す」と出言したのであります。如来の方から先手をかけて、「助かる術のない汝を、この弥陀はたすけるぞ」と言われているのに対して、心身を挙げてお任せするということを「たのみ申して候」というのであります。「たすけさせてくれよ」「われをたのめ」とある仰せに「それではたすけなさいませ」という意味で「たすけたまえとたのむ」と出言したのであります。以上は安心の一段でありました。

第二席(一月十日)

 安心の安は、「安置する」「据える」という程の義、即ち安心とは、こころの据え振り心の座り様という意味であります。従って「安心が違う」とは言います。信心は如来他力のご回向でありますから、「信心が違う」とは言いません。

 安心の中で肝要は「御たすけ候へとたのむ」と言う言葉であります。ご開山聖人は「如来の信楽」ということを教えて下さいました。五劫兆載の願行は、一願誓うも衆生のため、一行励むも衆生のゆへ、この積功累徳の願行を、衆生の処に南無阿弥陀仏と成就して、摂取不捨、如来様ご自身が、救いについて疑いがない、「わが願行に落ち度はない」と、如来のお手許が金剛の信楽であるというのであります。この如来の信楽の心を言い換えますと、「われをたのめ」如来さまが「我をたのめ」と仰せ下さるお心が声になった。

 南無阿弥陀仏、南無の二文字は「たのめ」の言葉。如来様の側では南無の二文字は「たのめ。」これが衆生に渡った側でいえば「たのみ申して候」。然らば「阿弥陀仏」の四文字はいずれの語に当たるか、それは「御たすけ候へ」であります。如来の願行の側でいえば南無阿弥陀仏は「たのめ、たすくる」というお名告りであり「汝、一心に正念して直ちに来たれ、われよく汝を護らん」と言う喚び声であります。

 ご開山様は「召喚の勅命」とお示し下さいました。これを私共の側のお領解でいえば、「たすけたまへとたのむ」ということになります。「たのめたすくる」が曠劫以来の先手をかけた如来の信楽でありますので、それが私一人の信受の側では「たすけたまへとたのむ」ことになります。


 「たのむ」とは、お助けを請うもの、祈るものではありません。もしそれ如来の先手をかけた「御たすけ」に不足を思うならば、それが疑いであり、自力諸善の雑行や凡夫自力の心を用いることになります。その自力を拒否するというお領解が、「もろもろの雑行・雑修、自力の心を振り捨てる」という語であります。

 「たのむ一念の時、往生は一定」とは、平生に往生成仏の業事が成弁・決定するということ。信心正因、平生業成ということであります。

第三席(一月十一日)

 出言のお領解は、はじめから順に安心、報謝、師徳、法度でありました。最初の一段の中、「雑行・雑修」とは、もろもろの善根を自力の心で努力することであります。「自力の心をふりすてる」ということは、このご法義の眼目であって、逆から言えば全文他力、他力の御たすけにまる任せ申しますということであります。

 「自力の心をすてる」とは、自分の知恵を捨てる、自分の功をすてるということであります。私共の苦悩は、「私は賢い」「私の考えることは間違っていない」ということからはじまっています。実は私の価値判断も感覚もみな誤っている、用いるべきものではないとするのが「自力の心をふりすてて」ということであります。

 「御たすけ候へ」とは、如来の方から何も知らない私共に、先手をかけて「助けさせてくれよ」とあるお呼び声に、「どうぞお心のままになされ給へ」という意味であります。ですから「たすけたまへ」とは「たすけて下さい」というお願いではなくて、「助けたいなら助けなされませ」と身を投げ出しての応諾であります。

 このことを次には「たのみ申して候」と出言しました。
これも上をすぐに受けた語ですから、申しましたとおり身を投げ出してのお任せきりの意味でありました。

 さらに「たのむ一念」とは、大善大功徳の名号を領受したところですから、信受の一念であって、その時に往生成仏の因が決定するのであります。これを「往生一定」といい、「御たすけ治定」と言い、そのようにお領解いたします。すなわち名号を体とする信心の始めの際に、往生成仏が決定するという信心正因の義を口に出したわけであります。
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

カウフマン

Author:カウフマン
かつて浄土真宗親鸞会の学生部、青年部、支部にて幹部として活動しておりました。現役時代から会の教義について疑問を抱きつつ活動しておりましたが、最終的には「浄土真宗親鸞会の教義は浄土真宗ではない」と袂を分かちました。退会後、元会員の方々のブログでお世話になり、法に接していくにつれ、次第にそのMCも晴れ、今日までのS会での悪疑を恥づるに余念がありません。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。

連絡は
adolf_kauffman0521@livedoor.com
まで!

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。